投資する際に確認するチェックリストの内容を標準化するのがDDQの役割です。

弊社代表取締役、白木が投資家向けデューデリジェンスQ&Aおよびレポーティング雛形の作成に参与いたしました

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2020年5月11日に経済産業省より発表されました、「投資家向けデューデリジェンスQ&A(DDQ)ならびに四半期レポーティング(QR)雛形」の作成において、委託を受けた日本ベンチャーキャピタル協会LPリレーション部会部会長として参与させていただきまし […]

COVID-19 並びに緊急事態宣言を受けての当社の対応について

投稿日: カテゴリー: お知らせ

今般の東京都内での新型コロナウィルス(COVID-19)の感染状況の深刻化と、2020年 4月7日に発表されました緊急事態宣言に基づく東京都知事による東京都内における行動自粛の要請を受けて、あけぼの投資顧問株式会社は、投資家をはじめとする当社の顧客の皆様と役職員並びにその家族の健 […]

あけぼの投資顧問株式会社とあすかアセットマネジメント株式会社との資本提携について

投稿日: カテゴリー: お知らせ

あけぼの投資顧問株式会社(東京都千代田区、代表者 白木 信一郎)は、2020年1月31日までにその株式の一部を日本のヘッジファンド運用会社の草分けであるあすかアセットマネジメント株式会社(東京都千代田区、代表者 平尾俊裕)が既存株主からの株式譲渡並びに第三者割り当てを通じて保有し […]

本社移転のお知らせ

投稿日: カテゴリー: お知らせ

あけぼの投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表者 白木 信一郎)は、2020年1月14日(火)より東京都千代田区麹町へ本社を移転することをお知らせいたします。 新オフィス 詳細 新住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-2 プレミアムオフィス麹町 アクセス:有 […]

Preqin Tokyo Seminar 2019

弊社代表取締役、白木が第2回 Preqin 東京セミナーに登壇いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が第2回 Preqin 東京セミナーに登壇いたしました。 弊社代表取締役、白木が2019年11月6日開催の「第2回 Preqin 東京セミナー」において登壇いたしました。 Preqin 主催の国内セミナーにおいて、弊社代表取締役、白木がモデレーターとして、LP […]

弊社第1号ターゲット投資ファンドを設定いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社第1号ターゲット投資ファンドを設定いたしました。 -Ariake-T1 投資事業有限責任組合 – あけぼの投資顧問株式会社(東京都品川区)は2019年10月30日、同社初となるターゲット投資ファンド、Ariake-T1 投資事業有限責任組合 (T1)を設立いたしました。投資期 […]

AIMA Japan Forum 2019 PE session

弊社代表取締役白木が、第14回AIMA Japan フォーラム 2019 に登壇いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2019年5月23日開催の「第14回 AIMA Japan フォーラム 2019」において登壇いたしました。 AIMA Japan 主催の年次フォーラムにおいて、弊社代表取締役、白木がモデレーターとして、パネル・ディスカッション「PE/Buyout &#82 […]

弊社代表取締役、白木が JPモルガン年末セミナーに参加いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2018年12月6日開催の「JPモルガン年末セミナー」において登壇いたしました。 JPモルガン証券様主催の年末セミナーにおいて、パネル・ディスカッション「ファンド投資におけるリスク管理 – バーゼルIII、IRRBB (銀行勘定の金利リスク)の観 […]

弊社代表取締役、白木が AIMA Japan セミナーにて登壇いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2018年11月29日開催の「AIMA Japan セミナー」において登壇いたしました。 AIMA Japan 主催のセミナーにおいて、弊社代表取締役、白木がパネリストとして、また業務管理部長の宮田がモデレーターとしてそれぞれパネル・ディスカッション「Glo […]

弊社代表取締役、白木がJ-MONEYのインタビューを受けました

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役の白木が、J-MONEY 2018年秋号の特集記事、「機関投資家のポートフォリオ戦略」にてインタビューを受けました。機関投資家によるオルタナティブ投資を組み込んだポートフォリオ構築の鍵を握るゲートキーパーの選別について語っております。 機関投資家においてその運用規模 […]