お知らせです!

あいざわアセットマネジメント(株)による第3号セカンダリー投資ファンド(Ariake Secondary Fund III LP)セカンドクロージングのお知らせ

あいざわアセットマネジメント株式会社(東京都港区)は、2022年10月11日、当社として3本目となる、セカンダリー投資ファンド、Ariake Secondary Fund III LP(ASFIII)(ケイマン籍)の、セカンド・クローズ(二次投資家受入を完了)を迎えました。今回、 […]

あいざわアセットマネジメント、運用中の2号セカンダリーファンドを通じて株式会社 ispace へ資本参加

あいざわアセットマネジメント株式会社(東京都港区、代表取締役:白木 信一郎、以下あいざわ)は、その運用中の2号セカンダリーファンド、Ariake Secondary Fund II LP(以下ASF-II)を通じて、インキュベイトファンドをリード・インベスターとした、全7者を引受 […]

弊社移転についてのお知らせ

あいざわアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:白木信一郎)は 2021年 7月26日より東京・汐留の新本社にて業務を行うことをお知らせいたします。これにより、弊社は、同時期に本社機能を移転する藍澤證券とのビジネス上の相乗効果を高めることが可能になると考えてお […]

事務所の閉鎖

弊社麹町事務所の閉鎖について

あいざわアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:白木信一郎)は 2021年6月30日をもって麹町事務所を閉鎖することをお知らせいたします。 弊社は2021年2月1日の合併以降、合併二社の事業統合を進めて参りましたが、その統合プロセスの一環として全ての事業を内幸 […]

弊社CEO白木の論文がGPIF と野村総合研究所の研究調査に貢献

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と野村総合研究所による委託調査「上場資産を用いたオルタナティブ資産の複製に関する調査報告書」において、弊社CEO白木とCOO宮田の共著の論文「PEファンドの運用成績計測手法について」が貢献 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と野村 […]

弊社第2号セカンダリー投資ファンドが募集完了いたしました。

日本国内の低流動性資産の流動化を支援するセカンダリーファンドが国内外の機関投資家からの総額 3,638万米ドルの資金募集を受けて募集終了。 あいざわアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白木信一郎)は同社の運用するケイマン諸島籍のセカンダリー戦略ファ […]

お知らせです!

弊社CEO 白木が Preqin のアジア太平洋のセカンダリー市場に関する寄稿を致しました

日本では数少ないセカンダリー戦略ファンドを運用するあいざわアセットマネジメントのCEOである白木信一郎が世界的なオルタナティブ投資業界のデータ・分析サービス会社 Preqin のブログにてアジアを代表するセカンダリー戦略ファンド運用者とともに日本のセカンダリー市場に関する考察を寄 […]

あすかアセットマネジメント株式会社との合併について

あけぼの投資顧問株式会社(東京都千代田区、代表者:白木 信一郎)は、2021年2月1日に当社の株主であり日本のヘッジファンド運用会社の草分けであるあすかアセットマネジメント株式会社(東京都千代田区、代表者:平尾俊裕)と合併する決定を行なったことをお知らせいたします。なお、本合併は […]

純投資目的の国内VCファンドに特化した新しいパフォーマンスベンチマークに当社代表白木が貢献

国内のベンチャーキャピタル(VC)ファーム、24社から、各社運用ファンドのデータ(2018年末時点)を収集して、ファンドパフォーマンスを測定しました。2010年から2014年に設立されたファンドのネットマルチプル(中央値)は1.5倍以上、ネットIRR(中央値)は14%を上回る運用 […]