本当は自分の撮ったもの、と思ったのですが通常写真を撮らず呑んでますので。。。

花火と解いて、COVID-19の世界的な対策とかける。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の7月といえば、暑い夏の日差しの和らぐ夕暮れから夜にかけて、夜空を彩る光と音による一瞬の花々たち、隅田川の花火大会です。古くは江戸の頃に、江戸と東国を結ぶ唯一の橋であった両国橋のあたりで毎晩数発上がるのを夕涼みに眺めていたそうなのですが、今や毎年20,000発前後が一 […]

「ファンドの運営」と解きまして、「企業のIT投資」と掛けます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

6月の浅草といえば、7月の富士山の山開きにあわせて行われる植木市が観音様の裏で6月最後の土曜とその翌日にいつもなら行われて、植木の土の匂いと草木の緑の香りが梅雨時の湿気に負けじと町中に漂いつつ、そんな横を通り抜けて浅草警察署の斜向かいで富士小学校の北側にある、お富士さんこと浅草浅 […]

気づいたら青梗菜がここまでそだってました

合併の事務手続きと解いて、ファンド投資の手続きと掛けます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

3月も終わりともなれば、私の住む浅草の川の両岸には毎年のようにソメイヨシノに代表される桜などの春の花が咲き誇り、そんな桜を目当てにかそれともお花見のもう一つの目的を目当てにか、いずれにせよ足を運んでくれるお花見客を見込んで立ち並ぶ屋台や町内会の出す模擬店などもお花見のもう一つの楽 […]

年の瀬押し迫る浅草の夜

「色々とあった2020年」と解いて、「あけぼの投資顧問」と掛けます。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の師走、と言えば、例年通りの羽子板市とはきだおれ市が行われましたが、今年ずっと繰り返すように、開催方法も人の出も、例年通りとは行きませんでした。仕方のない話ですよね。しかも「勝負の3週間」なんて言われた時期でもありましたし、外出しなかったから靴も履き潰してないし、とい […]

会社の肩書きとかけて、Alphabet Soupととく。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の11月といえば、言わずと知れた「酉の市」。このコラムでも毎年取り上げる恒例のネタ、ではありますが、こちらも御多分にもれず例年通りという訳にはいきませんでした。脇の通路から入り込むことは出来ず、唯一の入り口となる鳥居の手前には住所と氏名、連絡先や健康状態を書き込むチェ […]

季節外れの花とかけて、税務スキームととく。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の10月、というと、通常は浅草寺の金龍の舞がある程度(って、よく考えてみると毎月何かしらある街ですね。。。)ですが、今年はコロナの影響で三社祭がこの10月に執り行われました。と言っても、例年のように土曜日は浅草神社の周辺50超の町会の町会神輿と子供神輿が浅草神社に集ま […]

歩きたくなるくらいの穏やかな気候、とときまして、コロナ対策の支援対応と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の9月は、と言えば。。。いうほど大きなイベントがないことに気づきつつも、そう言えば以前、私の家族が営むお土産物屋に普通の週末にきた、地方からのお客さんから、「浅草ってのは毎日祭りでもやっているのかい?違うの?それくらい人が多いねぇ。」なんて言われたのを思い出しつつも、 […]

DIYと掛けて、引きこもりのデジタルライフと解く。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草も、8月も終わりともなれば、ブラジルと化して、町中にサンバが鳴り響き、踊る人たちの熱気で上昇気流が生まれてスコールすら降る、そんな暑い時期ではあるのですが、新しい生活様式の中、人の集まるイベントの開催は軒並み難しく、ただ単に暑いだけ(でも、ずっと家にいるからクーラー漬 […]

花は花でも

「夏休みの宿題」と掛けて「読書」と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、本当ならこれを書いている(本当に書いているんですよ(笑))最終土曜日には花火大会が毎年行われるのですが、オリンピックの都合で11日に移動し、それがCOVID-19の影響で中止になって、代わりに近所の東京スカイツリーの毎晩のイルミネーションで花火を表現する、と、とて […]

With コロナ時代のイベントごと、と掛けて、オフィショアの規制強化と解く。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

例年なら、「私の住む浅草も、6月から7月に掛けては」なんて言いながら、夏の風物詩の話を枕に持ってくるのですが、今年はまだ大勢の人が集まるようなことはしてはならない、なんてお上が言っているものだからと、富士山の山開きに合わせて行われる5月末と6月末の、観音裏の植木市は中止、観音裏か […]

クラウドのサービスは雲の中に?

リモートワーク支援と掛けて、クラウド・ネイティブと解く。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、実は(?)隅田川沿い。その昔は浜辺ですらあったことから、漁師の兄弟が海に出て投網を投げて漁をしたところ、どうも木の人形が引っかかるので海に戻してはまた引っかかる。不思議に思った兄弟が、その木の人形を土地の領主に持ち込んだところ、実はとても貴重な観音様の木像だったこ […]

こんな緑の中でリモートワークしたいなぁ。。。

コロナ自粛と掛けてリモートワークの環境改善ととく。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草といえば、春は隅田川の桜、初夏は三社祭、夏は花火、秋は飛ばして(笑)冬は初詣、と、言うまでもなく常に人の集まる街でして、とはいえこの記事の執筆時は(というか、書き始めてもう数週間掛かっているので、緊急事態宣言すら出てますね。ちゃんとおうちで読んでますか?)東京都内の週 […]