「銭湯」と掛けて「投資環境の変化」と解きます。その心は 。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草にも温泉があるのは案外知られているようで、褐色の温泉を手軽に楽しめる蛇骨湯は地元の人のみならず近隣に投宿する海外からのお客様にも利用されているそうです。確かに近年の銭湯に複数の言語での利用方法の解説があちこちで見られることから、銭湯文化というのも日本の文化の一つとして […]

羽生PA(上り線)ってこんな感じ

「鬼平」と掛けて、「バタフライ効果」と解きます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草はなんとなくレトロ感の漂う街だと言われています。確かに川向こうの東京スカイツリーを眺めつつ、また今どきのタワーマンションを始めとする高層建築物もよく目につくものの、それでも浅草寺の周辺は低層の家屋が多く、それもなんとなく昔の長屋を思い出させるような間口の狭い家屋が並び […]

「自動車」と掛けて「ベンチャー」と解く。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草と言うところは、ご存知のように東京の比較的東側に位置しますので、同じ都内でも山手線の西側に住んでいる方たちによく、ちょっと遠くて行ったことがないよ、言われることがあります。 確かに、都心方面から浅草に電車で来ようとすると、地下鉄銀座線か浅草線に乗って山手線の東側に向か […]

寺社分離の前からお酉様をやっていたのはこちらの長国寺さん。

「酉の市」と掛けて、「統計」と解きます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草では11月というと「酉の市」で盛り上がります。と、書いてみて、酉の市をご存知ない方も案外多いはず。これはどうやら関東地方特有の風習のようですので関東地方以外の方には馴染みがないものでして、かくいう私も関西地方で育ったサラリーマン家庭の子供でしたので、親が興味を持たなけ […]

一目惚れのカードホルダー

「ものづくり」と掛けて「多様性の時代」と解く。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住んでいる浅草は、近年の外国人旅行者による訪問の増加も手伝ってか、常にお祭り騒ぎのように賑わっており、おかげで毎日お祭りをしているのでは、と聞かれる始末。確かに今月、11月は浅草寺の裏手の外れの千束、いわゆる吉原のそばの鷲神社では酉の市が立ち、酉の日の夜中の0時から24時まで […]

たまには自分で撮った写真でも

「ベトナム」と掛けまして「Industry 4.0」と解きます。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

いつも浅草の風物詩をネタに投資の話を組み合わせて書いていますが、たまには別の場所と絡めたお話でも。 先日、この10年ほど付き合いのあるベトナムの運用会社の年次投資家集会に参加してきました。先方のCEOからも「今年で来るのが10回目だね」と言ってもらうほど、この会社さんとの国内での […]

花やしきのローラーコースターと掛けて、当社の運用経験年数の合計と解きます。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草には、浅草寺を始めとする古いもの、というのがいろいろとありますが、案外古いものと言いつつ、今ある形のものはいうほど古くない、というものも実は沢山あります。例えば雷門。今あるものは1960年に再興されて10年ごとに大改装を行っていますが、再興されるまで100年ほどはイベ […]

「五反田のランチ」と掛けて「ファンドの目利き」と解きます。その心は?

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

当社のある五反田界隈は、よく「聖と俗の同居する街」といわれるほど、様々な人とお店が隣り合わせに並ぶ街です。そんな街で働く一番の楽しみがランチ時のお店選びでして、当社の社長と「夕べは○○食べたから。。。」と普段使わない部分の頭をフル回転させながらどのお店に入って何を食べようか、とい […]

サンバと言えばてんとう虫。わかるかなぁ。。。

「浅草サンバカーニバルに来るたくさんの人」と掛けて「世界的な金融の潮流」と解く。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

先週末は夏休み最後の土日だったこともあり、各地でいろいろな催し物があったようですが、私の住む浅草では土曜日にサンバカーニバルが開催されました。気づけば今年で37回目となったこのイベント、当初は浅草の町おこしを考えるにあたり、三社祭の掛け声、「ソイヤー、はっ、ソイヤー、はっ」のリズ […]

ご存知、浅草の寄席と言えば。。。

「江戸の屑屋」と掛けまして「あけぼの投資顧問」と解きます。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

先日の花火大会のときに自宅の片づけをした、なんて話をちょっとだけ書かせて頂きました。その際に、読まなくなった本や昔のゲーム機、そのソフトウェアは中古で買い取ってもらえる業者さんにダンボールに詰めて送ると、後日銀行口座に振り込まれてなんとなく小遣いを頂戴した、なんていい気分を味わっ […]