酉の市の月の記事が算数ネタなのと、11月の晴れの出現率、これは一体。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の11月、といえば、商売人にとって外すことの出来ない酉の市のある月、です。商売の神様としてお酉様が君臨して、その手というか足の形からきている熊手を使って商売を掻っ込め、というのがある意味ざっとした由来ではあるのですが、細かいことは私の過去の記事を参照してもらうとして、 […]

私立中高一貫校はプライベート資産の運用と同じ、といったらどう思う?

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

あいも変わらずの枕で恐縮ですが、私の住む浅草というところには、最近では緊急事態宣言も解除になったからか、平日の昼間にどうも中学生のグループがあちこちに出現している、なんて話を、店番していてもお客の来ない歴史くらいしか誇るものがない小さな土産物屋の女将とかいて我が義母から聞くのです […]

「何食べたい?」って聞かれて、答えてはいけない答えとは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

食欲の秋、真っ盛りの今、皆さま、ダイエットなんて概念を忘れておいしいものを食べてますか。私は、と言えば、この引きこもり生活で料理という料理がシンプルになってしまい、うどんの乾麺を袋の中身を全部一気に茹でてはラー油ベースのつけ汁に、たまに豚バラ肉ともやしを胡麻油でさっと炒めたものを […]

バーチャルツアー

バーチャルツアーで汐留にご招待したら、そこには自己紹介する奇妙な一団がいた件

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

浅草も10月の半ばともなれば。。。なぜかまだまだ暑い。どうしたんでしょうね。この気候は。一気に人が動き出したから人の熱気で上昇気流でもできて、ってそれでは局所的な低気圧が出来て雨が降るはずですがそういうことでもなさそうです。とはいえ、お出かけするには心地よいくらいの暖かさから今ま […]

特売だからどこまでも買いに行く!

屑屋に古本屋、オークション。今や一物多価は不動産だけのものではなくて

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住んでいる浅草も気付けば10月。今日から緊急事態宣言も解除されるということで、今までもそこそこに遊びに来ていたところに袖の触れ合うくらいの人混みになるくらい、より多くの人たちにお越しいただけるのかしら、と期待している人も多いとかってテレビで見た私は引き続き引きこもり生活を満喫 […]

ファンドにとって財務諸表ってどうして大事なの?いい案件を並べればいいんじゃない?

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草も、9月も半ばになると、まぁこれといった面白い催しというのもあるわけでなく、緊急事態宣言下でもあるから、と言って何があるわけでもないのですが、喜ばしいことにそれなりにいらっしゃる方もいる、ということでか、そんなに忙しいはずもない私のところのお土産屋にもパラリンピックが […]

あいや、暫くー

似て非なる、とは結局似てるの?似てないの?

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私が住む浅草も、9月に入るとさほど何か大きなイベントごと、と言うのが最近では思い付かないのですが、まぁ、こういう時期ですのであったところで最終的には延期とかキャンセルとかになり、助成金を受けながら強行するとなかなか社会の目が厳しい、って、いや私、あの(ってどの?いや、聞かないでく […]

夏休みの宿題とかけて、ケイマン諸島の新しいレギュレーションととく。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の8月、といえば、何故浅草で?とよく言われるサンバカーニバルですが、今年もオリピックの延期の都合で9月の最終土曜にスケジュールが移動した上に、オフィシャルサイトでの更新が見られないことから御多分に洩れず中止になりそうな雰囲気です。なかなか人の集まるイベントというのを開 […]

弊社の窓際から

暑い夏、と解いて、引っ越しとかける。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

浅草は7月も終わると8月の終わりまで何があるわけではないので町が静かになる、はずなのですが、このところは和装で人力車に乗って、街中で映える写真を撮っては(出来立ての熱いものからひんやり冷たいものまで)食べ歩いて、なんて感じで、何気に人出が減ることがなくなってきたのですが、私がぴち […]

本当は自分の撮ったもの、と思ったのですが通常写真を撮らず呑んでますので。。。

花火と解いて、COVID-19の世界的な対策とかける。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の7月といえば、暑い夏の日差しの和らぐ夕暮れから夜にかけて、夜空を彩る光と音による一瞬の花々たち、隅田川の花火大会です。古くは江戸の頃に、江戸と東国を結ぶ唯一の橋であった両国橋のあたりで毎晩数発上がるのを夕涼みに眺めていたそうなのですが、今や毎年20,000発前後が一 […]

「ファンドの運営」と解きまして、「企業のIT投資」と掛けます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

6月の浅草といえば、7月の富士山の山開きにあわせて行われる植木市が観音様の裏で6月最後の土曜とその翌日にいつもなら行われて、植木の土の匂いと草木の緑の香りが梅雨時の湿気に負けじと町中に漂いつつ、そんな横を通り抜けて浅草警察署の斜向かいで富士小学校の北側にある、お富士さんこと浅草浅 […]

気づいたら青梗菜がここまでそだってました

合併の事務手続きと解いて、ファンド投資の手続きと掛けます。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

3月も終わりともなれば、私の住む浅草の川の両岸には毎年のようにソメイヨシノに代表される桜などの春の花が咲き誇り、そんな桜を目当てにかそれともお花見のもう一つの目的を目当てにか、いずれにせよ足を運んでくれるお花見客を見込んで立ち並ぶ屋台や町内会の出す模擬店などもお花見のもう一つの楽 […]