会社の肩書きとかけて、Alphabet Soupととく。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の11月といえば、言わずと知れた「酉の市」。このコラムでも毎年取り上げる恒例のネタ、ではありますが、こちらも御多分にもれず例年通りという訳にはいきませんでした。脇の通路から入り込むことは出来ず、唯一の入り口となる鳥居の手前には住所と氏名、連絡先や健康状態を書き込むチェ […]

季節外れの花とかけて、税務スキームととく。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の10月、というと、通常は浅草寺の金龍の舞がある程度(って、よく考えてみると毎月何かしらある街ですね。。。)ですが、今年はコロナの影響で三社祭がこの10月に執り行われました。と言っても、例年のように土曜日は浅草神社の周辺50超の町会の町会神輿と子供神輿が浅草神社に集ま […]

歩きたくなるくらいの穏やかな気候、とときまして、コロナ対策の支援対応と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の9月は、と言えば。。。いうほど大きなイベントがないことに気づきつつも、そう言えば以前、私の家族が営むお土産物屋に普通の週末にきた、地方からのお客さんから、「浅草ってのは毎日祭りでもやっているのかい?違うの?それくらい人が多いねぇ。」なんて言われたのを思い出しつつも、 […]

DIYと掛けて、引きこもりのデジタルライフと解く。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草も、8月も終わりともなれば、ブラジルと化して、町中にサンバが鳴り響き、踊る人たちの熱気で上昇気流が生まれてスコールすら降る、そんな暑い時期ではあるのですが、新しい生活様式の中、人の集まるイベントの開催は軒並み難しく、ただ単に暑いだけ(でも、ずっと家にいるからクーラー漬 […]

花は花でも

「夏休みの宿題」と掛けて「読書」と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、本当ならこれを書いている(本当に書いているんですよ(笑))最終土曜日には花火大会が毎年行われるのですが、オリンピックの都合で11日に移動し、それがCOVID-19の影響で中止になって、代わりに近所の東京スカイツリーの毎晩のイルミネーションで花火を表現する、と、とて […]

With コロナ時代のイベントごと、と掛けて、オフィショアの規制強化と解く。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

例年なら、「私の住む浅草も、6月から7月に掛けては」なんて言いながら、夏の風物詩の話を枕に持ってくるのですが、今年はまだ大勢の人が集まるようなことはしてはならない、なんてお上が言っているものだからと、富士山の山開きに合わせて行われる5月末と6月末の、観音裏の植木市は中止、観音裏か […]

クラウドのサービスは雲の中に?

リモートワーク支援と掛けて、クラウド・ネイティブと解く。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、実は(?)隅田川沿い。その昔は浜辺ですらあったことから、漁師の兄弟が海に出て投網を投げて漁をしたところ、どうも木の人形が引っかかるので海に戻してはまた引っかかる。不思議に思った兄弟が、その木の人形を土地の領主に持ち込んだところ、実はとても貴重な観音様の木像だったこ […]

こんな緑の中でリモートワークしたいなぁ。。。

コロナ自粛と掛けてリモートワークの環境改善ととく。そのこころは

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草といえば、春は隅田川の桜、初夏は三社祭、夏は花火、秋は飛ばして(笑)冬は初詣、と、言うまでもなく常に人の集まる街でして、とはいえこの記事の執筆時は(というか、書き始めてもう数週間掛かっているので、緊急事態宣言すら出てますね。ちゃんとおうちで読んでますか?)東京都内の週 […]

IoTというと、スマートスピーカー、ですよねぇ

リモートワークが推奨される昨今と掛けて、IoT と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、言わずと知れた日本有数の観光地。日々、国内と言わず世界中からのお客様を迎えては、東京に今も残る昔ながらの情緒や昔から今に残る食文化、今どきの宿泊体験まで、日本の今を伝え、発信する街なのですが、大事なのは人様に足を運んでもらえないと体験してもらえない、というところで […]

(今更ですが)新年だから心機一転、と掛けて、引っ越しととく。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草も、1月も終わりとなるとあちこちに節分のポスターが貼られて、今年は誰が年男、年女として豆をまくのかな、なんてことが気になる時期ではありますが、正月から(いや、この数年は何にもなく、静かだった正月前の暮の押し迫った時期から)仲見世や新仲見世のようなメインの通りや六区、ホ […]

羽子板がこの光景で見られるのはお正月なのですが。。。

羽子板市にみる今年の世相と解いて、今年のあけぼの投資顧問と掛けます。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の師走といえば、羽子板市とはきだおれ市、がぱっと出てきます。はきだおれ市とは、草履を始めとした履物のメーカーと問屋が今も立ち並ぶ浅草でも浅草寺の東側から隅田川までの一帯、東武浅草駅の北側の花川戸で毎年、師走の中旬の週末に立つ市で、履物を中心に安く買えることで知られてい […]

酉の市と掛けて、投資の常識と解く。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、と書き出すと、どうしたって今時期は酉の市の話を持ち出さずにはいられません。しかも、酉の市と言えば片や商売繁盛のお参りごとであるので投資に近い話かといえば、お参りして(大小問わず)熊手を納めては買って、それで屋台でも浅草の街で夜更けまで飲む、程度で終わりかねない、と […]