第348回 < 非伝統的金融政策の常態化について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

各国の政府、中央銀行が、コロナ禍への対策として無制限とも言える資金供給を継続しています。伝統的な金融緩和が短期金利の調節であったのに対し、2001年から日本の中央銀行が世界に先駆けて大規模に実施し、また、リーマンショック後の米国が実施に踏み切った、「量的緩和政策(QE)」が非伝統 […]

第347回 < 日銀金融システムレポート2020年4月号を読んで >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

半年に一度、日銀から公表される本レポートは、今回、コロナ禍が本格的に市場に影響を与え、株式市場が大きく落ち込んだ2020年3月末までの市場環境を基準に書かれています。本レポートでは、コロナの問題によって、金融システムが強いストレスを受けているとしつつも、金融機関が流動性、資本の両 […]

第346回 < オジギソウを育てて >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

ステイホーム、ワーク・フロム・ホームを実践するにあたり、家で楽しめることを考えたとき、草花を種や苗から育ててみようということになりました。購入したのは、オジギソウ、ミニひまわり、コスモスの種とモッコウバラとジャスミンの苗でした。プランターは家にあったので、腐葉土などを買い足して、 […]

第345回 < 2020年の5月連休の過ごし方 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

例年、5月の連休は、行楽地の喧騒や混雑を避けて、遠方に外出することはめったになく、まとまった量の読書をすることを心がけていたため、コロナ禍による外出自粛がある今年も、気持ちは落ち着かないものの例年と大きくは変わらない日々を過ごすことができました。最近は本を電子書籍で読むことが増え […]

第344回 < 在宅勤務について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

コロナ禍の影響で外出自粛要請が出て以降、在宅勤務、リモートワークを行う会社が一気に増えてきました。当社でも在宅勤務を行う機会が増えましたし、当社の株主である米国の運用会社はニューヨーク拠点であるため、緊急事態宣言が出た3月22日からニューヨークのメンバーは全員自宅などからリモート […]

第343回 < 千鳥ヶ淵の桜 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

当社は千鳥ヶ淵交差点から徒歩で10分くらいのところに位置しています。残念ながら今年は新型コロナウィルスの感染対策から皆で花見を楽しむ機会は持てませんでしたが、千鳥ヶ淵の桜は見事に咲いていました。せっかくオフィスの近くにある桜の名所ですが、今年は近くを通りかかる際に眺める程度しかで […]

第342回  REIT市場の変動について

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

安定した配当の期待できる投資対象として人気のあった、J-REIT(上場不動産投資信託)の価格が急落しています。J-REIT指数を見ると、価格がピークを付けた2019年11月5日の高値2257.08から、2020年3月19日の1145.53の直近底値まで実に約49%の下落率となって […]

第341回 < コロナショックと今後の相場環境 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

前回のコラム執筆時から2週間しか経っていませんが、2020年3月9日のマーケットは早朝から大荒れの展開となりました。為替が急速な円高に進み、原油価格が30%の下落と1991年の湾岸戦争時以来の下落率を記録し、そして、株式市場の下落が続きました。米国では、3月3日にFEDが金利の誘 […]

第340回 < VIXの推移と市場動向 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

天皇誕生日の振替休日とその翌日に米国の株式市場が急落し、ダウ平均株価指数が合計1911.05ドル下げました。これは過去最大の下げ幅を記録した2018年2月2日と5日の2日間での1840.9ドルの下落を抜き、過去最大の下落幅となりました。もっとも、下落率としては2日で6.59%であ […]

第339回 < 胡蝶蘭について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

当社がこの1月に麹町2丁目に移転したことを前回のコラムで掲載させていただきました。前回に引き続き、当社の引っ越しのお話で恐縮ですが、移転に際して、たくさんの方からお祝いを頂戴し、当社一同、たいへん感激しており、その御礼の意味を兼ねて、あらためて本コラムでも引っ越しにまつわるお話を […]

第338回 < 麹町について >​

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

当社は今年1月14日にオフィスを麹町2丁目に移転いたしました。移転前のオフィスのあった東五反田に比べると、周りにはスーツ姿の方が多くはなりましたが、マンションや学校なども近くに多くあり、様々な生活圏の方が混在している趣のある土地柄です。引っ越してきてから日も浅く、周辺ことは知らな […]

第337回 < 2020年の投資環境予想 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

2020年最初のコラムとなります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。本年が皆様にとって素晴らしい一年となりますよう、祈念申し上げます。一昨年、昨年の年初を振り返ると、一昨年は日経平均株価が3万円まで上昇するという強気の予想を掲げている方が多かった一方、実際には最高値が2万5千 […]