第310回 < 銀行バランスシートの変化から見る金融機関の苦悩 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

最近、新聞の記事を見ていると、金融機関、特に地銀をはじめとする地域金融機関に対しての厳しい内容が目立ちます。地域金融機関の資産は伝統的に、特に地元企業への貸出と、国債を中心とする国内有価証券がほとんどですから、長期にわたる低金利政策と過当競争から生じる低スプレッドが収益を圧迫する […]

第309回 < ロンドン・ビジネス・スクールのディーンを迎えて >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

先日、ロンドン・ビジネス・スクール(LBS)の現在のディーン(校長)であるFrancois Ortalo-Magneが、世界各地で一斉に行われる年に1度の同校の大規模な卒業生の集まりであるWorld Alumni Celebration(WAC)の当日に東京を訪問しました。8年間 […]

第308回 < PEファンドの運用成績測定の方法 (2) >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

ちょうど1年ほど前に、同じタイトルのコラムを書いてから(http://www.astmaxam.com/mailmagazine/mail.php?detail=283)、この分野についての調査を進めてきました。このたび、その結果を「証券アナリストジャーナル」という専門誌の201 […]

第307回 < 東京湾でのキス釣り >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

これまで釣りには縁がなく、子供の頃に何度か池や海で経験した程度でした。今回、東京湾で舟釣りをする機会に恵まれ、季節をあまり問わないシロギス狙いで、木更津沖を含め、湾内の何箇所かで4-5時間ほど釣りを楽しみました。同行した子供達の中には餌になるゴカイに触れなかったり、釣れた魚を釣り […]

第306回 < 中央銀行の独立性と金融政策のあり方 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

最近、日本における金融政策のあり方についての議論をよく耳にします。米国での金融政策正常化や、欧州の量的緩和の縮小(テーパリング)が見えてくる中、日本の金融政策正常化の遅れが目立つせいかもしれません。また、景気回復が踊り場に差し掛かるように感じる中、非常時の金融政策の副作用について […]

第305回 < LCC(ローコストキャリア)について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

最近、従来のFSC(フルサービスキャリア)といわれる航空会社の飛行機で旅行するよりも、LCC(ローコストキャリア)といわれる格安航空会社の飛行機で旅行する機会が増えてきました。特にプライベートで旅行するおりには、価格面からはかなりお得に旅行できるのが魅力です。また、LCCの種類が […]

第304回 <ゲーム理論からみる米中貿易交渉>

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

米国は今年7月6日に中国に対して知的財産権侵害に対する制裁関税として340億ドル相当の輸入品に対して25%の課税を決定しました。8月23日には更に160億ドル相当が追加されることが決まっています。そのうえ、米政府は追加で2000億ドル規模の輸入品に対する追加関税を検討していると伝 […]

第303回 < SaaS(サース)提供型のビジネスモデルの時価評価について

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

フィンテック(Fintech)銘柄の最右翼として上場を果たしたマネーフォワードに続き、未上場企業ながら大型の資金調達を成功させている企業群を眺めてみると、クラウドサービスを展開している会社が目立ちます。それらの企業が提供しているサービスは、クラウド関連サービスの中でも、いわゆるS […]