第135回 < ユニークなヘッジファンド運用戦略について (1) >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

経験のある投資家であれば、「人の行く裏に道あり花の山」という投資の格言を身に沁みて感じたことが一度や二度はあると思います。また、このような投資の格言は、行動金融学の観点からもしばしば検証されていることがあります。ヘッジファンドの運用戦略についても、市場を対象としている限り同じよう […]

第134回 < ヘッジファンド投資家の変遷とリターンへの影響 (2) >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

2011年現在、ヘッジファンド投資家として、存在感を高めてきた政府系ファンドや年金基金は、伝統的な資産運用会社と同じレベルの「情報開示」「説明責任」「最良執行」「善管注意義務」等をヘッジファンド運用会社に求めます。最大投資家層となりつつあるこれらの投資家の要望を踏まえ、ヘッジファ […]