第199回  < 中国の理財商品について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

最近何かと話題になっている中国の理財商品について、専門家と話す機会がありました。理財商品自体は、中国の金融機関が主に個人投資家向けに販売している金融商品ですので、私たちが日々調査しているヘッジファンド運用会社や、機関投資家が直接投資する対象とはなっていません。その点では、米国のサ […]

第198回  < 多様化する投資対象 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

私どもは、これまで、ファンド・オブ・ファンズの運用等を通じて、直接、間接的にヘッジファンドやプライベート・エクイティファンド、不動産、ディストレスト(不良債権)、エネルギーを中心としたインフラストラクチャ等の様々な投資分野への投資を行い、投資対象が常に多様化する現場を見てきました […]