第187回  < ファミリーオフィスのヘッジファンド投資 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

ヘッジファンドへの投資は、欧米の富裕者層がその先鞭をつけたと言われています。独立系運用会社の成長過程のひとつに、ファミリーオフィスの存在がありました。一族が自らの財産管理を子弟や信頼できる知人に依頼する際に、資産管理等を目的とした会社を設立します。一族の資産保全を目的としているた […]

第186回  < 執筆について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

2006年10月に金融財政事情研究会から出版された「投資ファンドのすべて」という本を当時共著で執筆させていただきました。今回、全面改訂の機会を頂戴し、内容を大幅に書き直しています。あらためて当時の本を読み直してみると、7年の間にだいぶ投資ファンドを取り巻く環境は変わったな、と感じ […]