第257回 < 世界的低金利がヘッジファンド戦略に与える影響 >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

本コラム執筆時、出張で渡米し複数のヘッジファンド運用者と情報交換をしています。米国では株式相場が好調で年初来最高値を更新していますが、今年は特に大手ヘッジファンドがパフォーマンス面で苦しんでいることが伺えます。この背景の一因には、中央銀行主導の超低金利の影響が垣間見えます。特にヘ […]

第192回  < ヘッジファンドの最近の動向について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

世界的に株式市場が堅調です。昨年末から今年前半にかけて日本株の上昇に目を奪われがちでしたが、米国株式市場は高値を更新し、出遅れていた欧州株式や新興国株式市場にも資金が流入しているようです。株式を中心としたリスク資産に万遍なく資金が流入し、各市場の流動性も増加しています。中には、コ […]

第183回  < 韓国の投資信託事情とヘッジファンドについて >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

久しぶりに韓国出張を行なう機会がありました。2008年の金融危機前後には韓国の様々な機関投資家との情報交換を行なうために頻繁に訪問していましたが、その後少し間があいていました。当時韓国を訪問していたときから、韓国と日本の相似性については認識していましたが、今回の出張、及び面談を通 […]

第120回 < 再びデフレについて (1) >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

1年前までの米国人運用者とのミーティングでは、10人中9人が米国でのデフレの可能性に対して否定的でした。2009年初に本コラムで、米国でのデフレの可能性に言及し、当時、金融関係者に対して、ことあるごとにこの考え方をぶつけていましたが、反応は非常に薄いものでした。米国の某大手運用会 […]