投資する際に確認するチェックリストの内容を標準化するのがDDQの役割です。

弊社代表取締役、白木が投資家向けデューデリジェンスQ&Aおよびレポーティング雛形の作成に参与いたしました

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2020年5月11日に経済産業省より発表されました、「投資家向けデューデリジェンスQ&A(DDQ)ならびに四半期レポーティング(QR)雛形」の作成において、委託を受けた日本ベンチャーキャピタル協会LPリレーション部会部会長として参与させていただきまし […]

本社移転のお知らせ

投稿日: カテゴリー: お知らせ

あけぼの投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表者 白木 信一郎)は、2020年1月14日(火)より東京都千代田区麹町へ本社を移転することをお知らせいたします。 新オフィス 詳細 新住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-2 プレミアムオフィス麹町 アクセス:有 […]

羽子板がこの光景で見られるのはお正月なのですが。。。

羽子板市にみる今年の世相と解いて、今年のあけぼの投資顧問と掛けます。そのこころは。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草の師走といえば、羽子板市とはきだおれ市、がぱっと出てきます。はきだおれ市とは、草履を始めとした履物のメーカーと問屋が今も立ち並ぶ浅草でも浅草寺の東側から隅田川までの一帯、東武浅草駅の北側の花川戸で毎年、師走の中旬の週末に立つ市で、履物を中心に安く買えることで知られてい […]

ハノイの線路カフェ、もはや見られないかも。。。

浅草の最近の多様性とと掛けてベトナムと解く。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は伝統あふれる江戸の頃からの日本の風情をそのままに残した街、と一般にまた世界中にも知られています。東京最古の木造建築の門と言われ、東京大空襲すら逃れた二天門を始めとした浅草寺一帯の社寺を起点とし、その周辺に広がる昔ながらの趣の商店街、そこを行き交う人力車、なんて風景を […]

第329回 < 金融行政レポートを読んで >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

金融庁から、平成30年度における金融行政の実績と今年度の金融行政の方針を取りまとめたレポートが8月28日に発表されました。題名は、「利用者を中心とした新時代の金融サービス~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(令和元事務年度)」というもので、内容は大きく以下の3つに分かれていま […]

バンガロール最強の寺院、とは

「最近の浅草の売れ線」と掛けて、「インド」ととく。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草は、言わずと知れた観光の街。そこで土産物屋をやっていれば誰もが近所や職場に配るため、なんて言いながら袋いっぱいにおこしや人形焼を買っては観光バスに乗り込んでいったものですが、最近はあまりお土産を買って配る義理人情が薄れたか、そういう人付き合いが希釈になったのかわかりま […]

AIMA Japan Forum 2019 PE session

弊社代表取締役白木が、第14回AIMA Japan フォーラム 2019 に登壇いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

弊社代表取締役、白木が2019年5月23日開催の「第14回 AIMA Japan フォーラム 2019」において登壇いたしました。 AIMA Japan 主催の年次フォーラムにおいて、弊社代表取締役、白木がモデレーターとして、パネル・ディスカッション「PE/Buyout &#82 […]

「自動車」と掛けて「ベンチャー」と解く。その心は

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住む浅草と言うところは、ご存知のように東京の比較的東側に位置しますので、同じ都内でも山手線の西側に住んでいる方たちによく、ちょっと遠くて行ったことがないよ、言われることがあります。 確かに、都心方面から浅草に電車で来ようとすると、地下鉄銀座線か浅草線に乗って山手線の東側に向か […]

一目惚れのカードホルダー

「ものづくり」と掛けて「多様性の時代」と解く。その心は。。。

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

私の住んでいる浅草は、近年の外国人旅行者による訪問の増加も手伝ってか、常にお祭り騒ぎのように賑わっており、おかげで毎日お祭りをしているのでは、と聞かれる始末。確かに今月、11月は浅草寺の裏手の外れの千束、いわゆる吉原のそばの鷲神社では酉の市が立ち、酉の日の夜中の0時から24時まで […]

第308回 < PEファンドの運用成績測定の方法 (2) >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

ちょうど1年ほど前に、同じタイトルのコラムを書いてから(http://www.astmaxam.com/mailmagazine/mail.php?detail=283)、この分野についての調査を進めてきました。このたび、その結果を「証券アナリストジャーナル」という専門誌の201 […]

弊社代表取締役、白木が証券アナリストジャーナルへ寄稿いたしました

投稿日: カテゴリー: お知らせ

日本証券アナリスト協会発行の証券アナリストジャーナル2018年10月号に、弊社代表取締役である白木信一郎と同業務管理部長の宮田忍との共著、「PEファンドの運用成績計測手法について」が掲載されました。 本稿はプライベート・エクイティやベンチャーキャピタルのような複数のキャッシュフロ […]

「五反田のランチ」と掛けて「ファンドの目利き」と解きます。その心は?

投稿日: カテゴリー: みやたしのぶの「投資小噺」

当社のある五反田界隈は、よく「聖と俗の同居する街」といわれるほど、様々な人とお店が隣り合わせに並ぶ街です。そんな街で働く一番の楽しみがランチ時のお店選びでして、当社の社長と「夕べは○○食べたから。。。」と普段使わない部分の頭をフル回転させながらどのお店に入って何を食べようか、とい […]