第333回 < 2019年10月号金融システムレポートを読んで >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

2019年10月に定例の金融システムレポートが発表されました。過去数年にわたり、このコラムでは半年毎に日本銀行が発行する金融システムレポートをフォローしてきています。金融市場及び金融機関の状況を定期的に網羅している本レポートは、非常に勉強になる資料で、いつも興味深く読んでいます。 […]

第322回 < 2019年4月の日銀金融システムレポートを読んで >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

日銀が半年毎に公表している金融システムレポートが、今回も2019年4月17日にリリースされています。今回のレポート全体の論調は、最近何回かのレポートから大きな変化は見られませんが、いくつかあらためて強調しているポイントが見られましたので、以下、考察してみたいと思います。 最初に、 […]

第297回 < 日銀金融システムレポート2018年4月号を読んで >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

半年に一度の頻度で日銀から発表される金融システムレポートが今年も4月19日にリリースされました。内容は、前回2017年10月に発表された内容(http://www.astmaxam.com/mailmagazine/mail.php?detail=284)と大きく乖離はしていませ […]

第285回 < 日本銀行による我が国の金融システムの現状分析について >

投稿日: カテゴリー: 白木信一郎の「投資運用苦楽」

日本銀行が年二回公表している「金融システムレポート」の最新版が10月23日にリリースされました。日本の金融システムに関する包括的な定点観測に基づき、日銀がその時々にテーマとして取り上げている内容を掘り下げて分析、検証しており、日本経済の現状を知るために極めて貴重な資料となっていま […]