お知らせ

弊社第2号セカンダリー投資ファンドが募集完了いたしました。

日本国内の低流動性資産の流動化を支援するセカンダリーファンドが国内外の機関投資家からの総額 3,638万米ドルの資金募集を受けて募集終了。


あいざわアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白木信一郎)は同社の運用するケイマン諸島籍のセカンダリー戦略ファンド、Ariake Secondary Fund II LP (ASF-II)が 2021年4月26日のファイナルクロージングを迎え、その募集を終了いたしました。ASF-IIは2019年10月に募集を開始し、19ヶ月間で合計 3,638万米ドル(およそ40億円)のご応募を頂き、募集完了となりました。

弊社は ASF-IIに対する一任運用者として、プライベートエクイティ・ファンドやベンチャー・キャピタル・ファンドの投資持分といった低流動性資産の取得を行うことにより、低流動性資産に投資を行う国内投資家に対して、途中売却という柔軟な選択肢を提供致します。これにより国内投資家による低流動性資産ポートフォリオの高度化を推し進めるものと考えております。 また、 ASF-IIは共同投資を戦略に加えておりますので、特に国内における未上場企業への迅速な資金供給を行うことも視野に入れております。

ASF-IIは今回、その投資家としてみずほ証券様や藍澤證券Kline Hill Partnersをはじめとする国内外の機関投資家様等よりご支援をいただいております。

今後のセカンダリー戦略ファンドの運用を通じた弊社の投資活動にご注目ください。

あいざわアセットマネジメントについて

「日本で投資家に最も求められるオルタナティブ資産運用会社」を目指して、日本のヘッジファンド運用会社の草分け的存在と、日本で数少ない低流動性資産のセカンダリー戦略ファンドの運用会社が2021年2月に合併して誕生した運用会社。現在、日本株ロングショート戦略、バリューアップ戦略、保険リンク戦略、アジア・トレードファイナンス戦略、セカンダリー戦略を国内外の投資家に提供している。
所在地: 100-0011 東京都千代田区内幸町1-3-3 内幸町ダイビル6階
代表取締役社長: 白木信一郎

お問い合わせ

あいざわアセットマネジメント株式会社
担当者: クライアント・ソリューション部 浅利
Email: clientsolutions@aizawa-am.co.jp